医療ADRに関する連絡協議会を設置へ−厚労省(医療介護CBニュース)

 厚生労働省は1月29日までに、医療ADR(裁判外紛争処理)に関する連絡協議会を設置する方針を固めた。協議会では、医療ADR機関などの現状の取り組みを把握する。現在は委員の人選などを行っており、初会合は遅くとも年度内に開かれる予定だ。


【関連記事】
医療事故調、「厚労省案」は「推奨していない」―足立政務官
医療ADR、全国初の法相認証取得
患者と医師をつなぐ「医療決断サポーター」―九大大学院が養成
医療事故、「医療界の意識改革」を
医療ADRを全国に拡大−日弁連

有効求人倍率、九州0.40倍(西日本新聞)
検察審査会、初の起訴議決=元県警副署長、刑事裁判に−明石歩道橋事故・神戸(時事通信)
国選弁護人を選任ミス=対象外の容疑者に−福岡簡裁(時事通信)
インフル患者、8週ぶり増加=週48万人、ほとんど新型−感染研(時事通信)
4分の1が「親族優先」希望=臓器提供、10日で700人登録(時事通信)
[PR]
by wwb7ytjzir | 2010-02-02 16:03