平和協定交渉は遅延工作=岡田外相が北朝鮮をけん制−日米外相会談(時事通信)

 【ホノルル時事】岡田克也外相は12日(日本時間13日)のハワイでのクリントン米国務長官との会談で、北朝鮮が朝鮮戦争の休戦協定に代わる平和協定の締結交渉を米国など当事国に求める声明を発表したことについて「(核問題の)遅延工作の口実となる恐れがある」と述べ、北朝鮮をけん制するとともに、米側に慎重な対応を求めた。
 クリントン長官も同様の認識を示し、両氏は6カ国協議の早期再開が重要だとの立場で一致した。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
【特集】緊迫!朝鮮半島〜金総書記、側近を3時間叱責?〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機

<囲碁>本因坊戦挑戦リーグ 高尾と山田が勝ち(毎日新聞)
向井千秋さん、気象利用に一役=国際検討チームのメンバーに−気象庁(時事通信)
「党内一枚岩だから」小沢氏問題批判なし…首相(読売新聞)
将棋 久保、的確に寄せ先勝 王将戦第1局(毎日新聞)
6時間監禁し、テレビなど奪った男2人を逮捕 栃木・小山署(産経新聞)
[PR]
by wwb7ytjzir | 2010-01-20 21:11