肺炎球菌の重複感染で重症化=新型インフル−アルゼンチン調査(時事通信)

 南米アルゼンチンで、秋から冬に当たる昨年5〜7月に、新型インフルエンザの致死率が4.5%と極めて高かったのは、肺炎球菌との重複感染が主因だったことが分かった。米コロンビア大などの研究チームが10日までに、米オンライン科学誌プロス・ワンに発表した。
 1918年ごろに世界的に大流行した同型のインフルエンザ「スペイン風邪」の際も、肺炎を併発して死亡した患者が多かったことが知られており、ワクチンなどによる肺炎球菌対策も重要とみられる。 

【関連ニュース】
【特集】新型インフルエンザ
〔写真特集〕新型インフルエンザ
新型インフル本を自主回収=「事実確認が不十分」
ワクチン接種との関係調査へ=新型インフル、重い持病の死者
国民8人に1人が受診=新型インフル、重症化率横ばい

過活動膀胱治療薬の口腔内崩壊錠を承認申請―杏林製薬など(医療介護CBニュース)
<公設派遣村>「200人所在不明」に反論 市民団体(毎日新聞)
<猟銃発砲>男女4人病院搬送 大阪・羽曳野の居酒屋(毎日新聞)
「生活者視点の、信用できる厚労行政の実現を」−長妻厚労相(医療介護CBニュース)
本物が出るお化け屋敷? =26年の歴史に幕−東京・浅草花やしき(時事通信)
[PR]
by wwb7ytjzir | 2010-01-17 00:03