前原国交相、小沢氏の辞任望ましいと示唆?(読売新聞)

 前原国土交通相は9日の閣議後の記者会見で、報道各社の世論調査での内閣支持率続落の要因に関し「政治とカネの問題が一番だ」との見方を示した。

 そのうえで、小沢民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」を巡る事件などに言及、「政治家の倫理観の話であり、法律を厳しくすれば直るものではない。歴史的な使命感を持って、当事者がどう判断するかだ」と述べた。

 小沢氏の自発的辞任が望ましいとの考えを示唆したとみられる。

<路面電車>復活を 北九州市議会で勉強会(毎日新聞)
「愛子さま不登校」世界を駆けめぐる…海外メディア一斉報道(スポーツ報知)
書籍丸ごと“タダ読み”サイトが人気 出版各社、ヒット狙い新戦略(産経新聞)
キツネ避け高速道で事故死、遺族側が逆転敗訴(読売新聞)
鳩山首相、普天間5月末解決に「覚悟持って臨む」(産経新聞)
[PR]
by wwb7ytjzir | 2010-03-11 05:27